弁護士の長所

Pocket

電卓弁護士に交通事故の示談交渉の代行をお願いするのは多くの長所がありますが、もちろん弁護士に仕事を依頼する場合には弁護士費用が必要になってくるという短所も存在しています。しかしながら、ご自身でストレスを感じながら、保険会社と交渉して得られる示談金よりも弁護士を介して交渉して得られる示談金の方が確実に多くなります。確かに弁護士費用は必要になりますが、それは示談金のアップした分から払うと考えておくと良いでしょう。弁護士に最初に相談するときに代行を依頼した場合にはどのくらいの示談金のアップが見込まれるのかと弁護士費用はいくらくらいになるかを見積もってもらうと良いでしょう。仮に弁護士費用の方が高いのであれば、弁護士に代行を依頼せずにそのまま保険会社と示談交渉を行って行くと良いでしょう。

また、ご自身が加入されている自動車保険に弁護士費用の特典がついている場合には、示談交渉において必要になってくる弁護士費用は全て自動車保険で支払ってもらえますので、気にせずに弁護士に代行を依頼して示談交渉を行って行くといいでしょう。交通事故の案件に詳しい弁護士はインターネットを活用すると簡単に探し出すことができるようになります。

弁護士の短所

Pocket

腕交通事故の案件を弁護士に依頼した場合には、法律の事を熟知していますので、過去の判例に基づいた示談交渉をすることが可能になります。一般の方ではなかなかそれはできませんので、有利な交渉が可能になります。特に後遺障害や精神的な苦痛に対する慰謝料については、判例に基づいた法的な交渉がとても有効です。上手く交渉をしていけば当然のことながら、これらの慰謝料は増えていきますが、下手な交渉をしてしまうと当然のことながら下がってしまいます。

弁護士に交渉の代行を依頼する長所はなんといっても慰謝料の額を増やすことが可能であるという点です。また、交通事故に合ってしまうと精神的に大きなストレスを抱えることになるはずです。そんな時に保険会社との交渉をするのはなかなか大変なものですので、弁護士にそれを代行してもらうとストレスを大きく軽減できるという長所も考えられます。

交通事故に遭遇したら、まずは弁護士に相談をしてみるといいでしょう。弁護士に相談する場合の費用を気にする方も多いかもしれませんが、初回の相談は無料で行うことが可能な弁護士も最近は増えてきていますので、そのような弁護士を選んで交通事故相談をしてみるといいでしょう。

弁護士への依頼

Pocket

弁護士交通事故に巻まれてしまったら、すぐに弁護士に相談することが肝要です。なぜならば示談金などの交渉はいったん被害者と保険会社の間で合意がなされてしまうと、それを覆すのが非常に難しくなってしまうからです。ほとんど不可能と考えて良いでしょう。仮に不当に少ない示談金を提示されていたとしてもその金額で合意してしまうと、それを覆すことは弁護士と言えども覆せなくなってしまいます。ですから、最初から示談金の交渉の際には弁護士に相談をして、提示されている額が妥当であるかどうかを弁護士に精査してもらうと良いでしょう

特に人身事故の場合には、弁護士が代行している場合には示談金の額に大幅な変動がみられることがありますので、すぐに弁護士に相談をして、どのような対処をしていけばいいのかを弁護士からアドバイスをもらえるようにしておくといいでしょう。保険会社は必ずしも被害者の見方をしてくれるわけではありませんが、弁護士は必ず被害者の見方になって被害者にとって一番有利な方法をアドバイスしてくれるようになります。安心して何でも相談していくと良いでしょう。弁護士を選ぶ際にはこれまで多くの交通事故の案件を行ってきたという実績を持った方を選ぶと良いでしょう。

弁護士の仕事

Pocket

事故交通事故のトラブルに巻き込まれてしまった場合には被害者は示談金の請求をすることが可能です。示談金の請求先は加害者が加入している保険会社となることが一般的です。被害者が加害者に請求可能な示談金は怪我の治療や入院費、休業による損害費用、慰謝料があります。加害者と被害者の間で過失の割合が存在していますので、それに応じて法的な観点から示談金が決められることになります。法的な観点から決められる示談金は、一般の人には判らないような部分もありますので、多くの場合保険会社の方で一方的にその金額を提示することが多くなります。ここで、その額に応じてしまうと、その後もそれにしたがって示談金が支払われることになります。保険会社は依頼者の側に立って本来は示談金の支払いをするべきではありますが、当然のことながら、保険金額の支払額を減らす方向に動いてしまいます。なぜならば、保険会社も営利目的で運営されていますので、会社の利益を考えるのであれば当然のことながら、示談金の支払いを少なくしたいと考えるからです。

しかしながら、本来受け取ることが可能な示談金を受け取れなくなってしまうのは、大きな損失ですので、弁護士に交渉の代行を依頼すれば、正しい法的な観点から保険会社と調整をしてくれますので、適正な示談金を受け取ることが可能になってきます。交通事故のトラブルに遭遇してしまったら、示談金の請求などは可能な限り弁護士に仕事を代行してもらうと良いでしょう。