弁護士の仕事

Pocket

事故交通事故のトラブルに巻き込まれてしまった場合には被害者は示談金の請求をすることが可能です。示談金の請求先は加害者が加入している保険会社となることが一般的です。被害者が加害者に請求可能な示談金は怪我の治療や入院費、休業による損害費用、慰謝料があります。加害者と被害者の間で過失の割合が存在していますので、それに応じて法的な観点から示談金が決められることになります。法的な観点から決められる示談金は、一般の人には判らないような部分もありますので、多くの場合保険会社の方で一方的にその金額を提示することが多くなります。ここで、その額に応じてしまうと、その後もそれにしたがって示談金が支払われることになります。保険会社は依頼者の側に立って本来は示談金の支払いをするべきではありますが、当然のことながら、保険金額の支払額を減らす方向に動いてしまいます。なぜならば、保険会社も営利目的で運営されていますので、会社の利益を考えるのであれば当然のことながら、示談金の支払いを少なくしたいと考えるからです。

しかしながら、本来受け取ることが可能な示談金を受け取れなくなってしまうのは、大きな損失ですので、弁護士に交渉の代行を依頼すれば、正しい法的な観点から保険会社と調整をしてくれますので、適正な示談金を受け取ることが可能になってきます。交通事故のトラブルに遭遇してしまったら、示談金の請求などは可能な限り弁護士に仕事を代行してもらうと良いでしょう。