弁護士への依頼

Pocket

弁護士交通事故に巻まれてしまったら、すぐに弁護士に相談することが肝要です。なぜならば示談金などの交渉はいったん被害者と保険会社の間で合意がなされてしまうと、それを覆すのが非常に難しくなってしまうからです。ほとんど不可能と考えて良いでしょう。仮に不当に少ない示談金を提示されていたとしてもその金額で合意してしまうと、それを覆すことは弁護士と言えども覆せなくなってしまいます。ですから、最初から示談金の交渉の際には弁護士に相談をして、提示されている額が妥当であるかどうかを弁護士に精査してもらうと良いでしょう

特に人身事故の場合には、弁護士が代行している場合には示談金の額に大幅な変動がみられることがありますので、すぐに弁護士に相談をして、どのような対処をしていけばいいのかを弁護士からアドバイスをもらえるようにしておくといいでしょう。保険会社は必ずしも被害者の見方をしてくれるわけではありませんが、弁護士は必ず被害者の見方になって被害者にとって一番有利な方法をアドバイスしてくれるようになります。安心して何でも相談していくと良いでしょう。弁護士を選ぶ際にはこれまで多くの交通事故の案件を行ってきたという実績を持った方を選ぶと良いでしょう。